スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大谷先生からのメッセージ

トークライブで講師を務めて下さる大谷タカコ先生からみなさんへの
メッセージです。

助産師の立場からお産の現場を熟知されている大谷先生からの
妊婦さんやこれから妊娠される方への想いです。とってもとっても
大切なメッセージ。受け取って下さいね。

============================================================

自然に産んで自然に育てるということ
                     大谷タカコ

 お産は、皆様も御承知の通り、非常に個人的なものであり、
家族的な出来事であります。病気ではなく、生理的なものであり、
女性の体は産む・産まれるようになっているのです。自然の巧妙
なる計らいにいつも頭の下がる思いがします。

 しかし、自然は全てうまく行くとは限りません。自然界を見て
もそうですが、この夏の猛暑は異様な出来事ではないでしょうか。
大気汚染物質の大量排出・森林の乱開発による荒廃等が招いた自然
の怒りのように思えてなりません。

 産科医療界を見ても然り、本当は異常の対応のために開発された
薬剤や医療機器が、いつの間にか普通のお産にまで介入が進み、
本来あるべきお産の姿を変えてしまった様に思います。

 自然のお産は、あるがまま、したい放題していていいものでは
ありません。自然に、豊かに、健やかに産むことが大切です。それ
には自然のメカニズムを知り、より良い方向へと手を差し伸べねば
ならないのです。

 例えば、妊娠中も無茶な行為は禁物です。また、体を作り、健康
を維持増進するには、食べるものが体に良いものでないといけません。
異常にならないように、元気な赤ちゃんを産み育てるためには、それ
なりの努力が必要です。

 私が妊婦さんに勧めている大事なことを要約しますと、

1.自分自身の体の仕組み、出産のメカニズムについてしっかり
 学び、自力で産む意思を持つこと。

2.体作りのための「食」を正しく理解して、良い食生活を実行
 すること。―和食中心のバランス食―

3.身体を動かし、機能を高め、体力増進を計ること。

 そうしてよいお産をしましょう。

 良いお産とは勿論、正常に経過し、元気な赤ちゃんを迎えること
ですが、最も大事なことは、産む人の意思が尊重され、自力で産む
ことです。

 自力で産むと言っても、長い陣痛との戦いは、援助なしには大変
苦痛なものになります。家族や我々介助者が、傍に居て支え、励まし、
苦痛の緩和を計り、うまく行くようリードすることなどが必要です。

 自力で産んだお母さんは、「やった!」と言う達成感を持つこと
が出来、かわいい赤ちゃんを抱き上げた時の感動や歓びは、その後
のお母さんの生き方や親子関係にも影響を与えます。

 また、廻りの支えに対しても感謝の気持ちが自然に湧いてきます。
この瞬間を大事にしたいといつも願っています。

 幸せな親子関係は家族の絆作りへとつながり、エンパワメント
されたお母さん達は何か外へ向けて働きかけをして行きたくなります。
それがいい地域社会作りへとつながって行きます。お産がこの様に
裾野を広げて行くことを願ってやみません。



============================================================

(講師プロフィール)

◆大谷タカ子
 大分県出身。1958年、助産婦免許取得。病院勤務、助産婦学校勤務の後、
 助産婦の自立・業務の確立をめざして開業の準備。柏助産院、淀川キリ
 スト病院での研修後、1967 年現在の場所に開業。
 自然に産んで自然に育てる大切さを伝えている。



~~~トークライブのご案内~~~

1部 10:30~12:00 北島博之 「新生児集中治療室から見えてくるニッポン」
2部 13:00~14:30 奥谷まゆみ 「生・性・整」で生きるおんなみち
3部 15:00~16:00 大谷タカ子 「~いのち光る~自然なお産」
16:00~17:00 わかちあい

◆◆◆チケット入手方法はこちら◆◆◆
スポンサーサイト

奥谷先生からのメッセージ

トークライブで講師を務めて下さる奥谷まゆみ先生からみなさんへの
メッセージです。

「おんなみち」という視点からの「お産」や「生きること」への
メッセージ。是非とも講演会で奥谷先生の想いを受け取って下さい。

============================================================

はじめまして。からだクリエイトきらくかんの奥谷まゆみです。

「からだレッスン」というちょっと変わった整体を東京や京都で
やっています。

 きらくかんの整体は治してあげない整体です。お体を拝見して、
その心や体の不調がどんなところからきているかを、受ける方と
一緒に探して、自分自身で元気になれる方法を見つけていく整体
です。

 整体を受けながら「生きてる働きってすごい!生きてるだけで
カンペキなのかも??」ということに気づいていただけること
を大切にしています。

 からだレッスンを受けていただくと、不調と思っているトラブル
さえも、ホントは生きようとする心や体の健気な働きであることに
気づく方がたくさんいらっしゃいます。

 独身時代から産前産後を中心に、お腹の中にいる赤ちゃんから
おばあちゃんまで、すべての世代の女性のお体を拝見してきたら、
そこにはくっきりと一本の道、「おんなみち」が見えてきました。

 そして、私たちの抱える心や体のさまざまな問題がそのおんなみち
を見失ったこと、自分の人生をぶつ切りにして見ていることが原因に
なっていることに気がつきました。

 生きている女性のすべてがそれぞれに持っている自分自身のおんな
みち。それには理想の歩き方なんてなくて、悩んだり、迷ったりしても、
すべてのおんなみちが最高のおんなみち。お産だってそう。正しいお産
も、理想のお産もホントはない、帝王切開だって、吸引分娩だって、
どんなお産もすべてのお産がベストなお産なのです。

 自分のおんなみちに気がつくと、生きていることがとても幸せに
なって、自分ととても仲良しになります。自分と仲良しになれると、
まわりの人ともとても仲良しになれます。

 今日は短い時間ですが、みなさんの中にあるおんなみちに気づい
ていただけたらいいな、と思っています。


============================================================

(講師プロフィール)

◆奥谷まゆみ
 からだクリエイトきらくかん主宰。「生きてるだけでカンペキ!」を
 モットーに、生理・SEX出産・更年期など、女の道をいきいきと
 楽しむことで体を整える整体「からだレッスン」を東京と京都で行って
 いる。特に妊婦さんの整体が大好き。全国で指導者の育成も行っている。
 著書に、「お産本」 「男本」 「おんなみち」 「骨盤リセット」などがある。



~~~トークライブのご案内~~~

1部 10:30~12:00 北島博之 「新生児集中治療室から見えてくるニッポン」
2部 13:00~14:30 奥谷まゆみ 「生・性・整」で生きるおんなみち
3部 15:00~16:00 大谷タカ子 「~いのち光る~自然なお産」
16:00~17:00 わかちあい

◆◆◆チケット入手方法はこちら◆◆◆

北島先生からのメッセージ

トークライブで講師を務めて下さる北島博之先生からみなさんへの
メッセージです。

先生の「お産」「いのちの大切さ」についての熱い想いを感じて下さい。

============================================================
~NICUから見たジャパン~「子どもの育つ道筋と社会」

   大阪府立母子保健総合医療センター 新生児科 北島博之

 子どもの心の育ちは、大人になって後も一生を支配するきわめて大切な
問題です。今わが国においては、乳幼児虐待、引きこもり、中高生の自殺、
そして若者の理由不明な凶悪犯罪の増加などで、世のなかの不安がさらに
増大しています。

 ヒトの心の始まりが妊娠中からの母子関係にあり、母親と生まれ出た
赤ちゃんとの生後早期からの健康的な相互作用で、ヒトへの信頼・自分
自身の自尊心などが育まれ、母親の心には子育てへの自信が育てられて
いきます。

 最近のフィンランドの18年間の追跡研究によると、母親に出産直後の
幸せ感が十分にあると、子ども達の行動や情緒面の問題が少なく、同時に
子ども達の社会的能力でも高く育っておりこれらが思春期までも続いて
いることが判明してきています。

 赤ちゃんがどのようにヒトとして成育していくのか、その原点を考え
ましょう。

1. 望ましい母子関係とは、生まれた赤ちゃんが「ヒトが生きていくための
 基本的信頼感」を確立できることにあります。

2. 赤ちゃんにとって、「お乳をもらう・ウンチの世話をしてもらう」など
 ヒトの基本的要素(在るということ)が母親との接触の中に常にあります。

3. 母親の安定した情緒の下で、赤ちゃんは母親のケアを 24時間毎日受けて、
 安心してヒトを信じられるという基本的信頼感を獲得していきます。

4. 母親にしっかりと産んだという自覚・自信と子育てに対する確信がないと、
 安心感は失せて、子どもは親とともに不安を感じながら育ちます。

5.望ましい母子関係を作るには、医療提供側が母子の持つ能力を理解して、
 妊娠・出産に際し十分に配慮することです。ここで最も大切なことは、
 母子ともに内因性のオキシトシンを十分に出せるようにすることです。

6。 本人に安心感ががないとオキシトシンは分泌されません。つまり妊娠
 分娩を通じて母親への継続的な支援・分娩後の母子同室・退院後の両親
 への継続的な支援を通じて、分娩・子育てに対して十分な安心感を与える
 ことなのです。

以上宜しくお願い申し上げます。

北島博之

============================================================

(講師プロフィール)

◆北島博之
 1951年生まれ。大阪大学医学部病理系博士課程修了。同附属病院シニア
 非常勤講師を経て大阪府立母子保健総合医療センター勤務。
 現在、新生児科部長。1男3女の父としての経験からも出産直後の母親と
 新生児の関わり方がその後の育児にも影響すると考える。



~~~トークライブのご案内~~~

1部 10:30~12:00 北島博之 「新生児集中治療室から見えてくるニッポン」
2部 13:00~14:30 奥谷まゆみ 「生・性・整」で生きるおんなみち
3部 15:00~16:00 大谷タカ子 「~いのち光る~自然なお産」
16:00~17:00 わかちあい

◆◆◆チケット入手方法はこちら◆◆◆
~ホームページ~
プロフィール

inochitumugu

Author:inochitumugu
~霊長類ヒト科・オンナ目~
「いのち紡ぐ わたしたち」
公式ブログです。

主催:
GAIA-JAPAN(ガイアジャパン)

事務局:
「いのち紡ぐわたしたち」
 実行委員会

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
Facebook
Facebookページあります。
「いいね!」お願いします。
いのち紡ぐわたしたち
Twitter
QRコード
QR
検索フォーム
お問合せ
お問合せは下記まで

「いのち紡ぐわたしたち」
実行委員会

メール
 inochitumuguwatashitachi☆gmail.com
 (☆印を@に変えて下さい)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。